Yearly Archives: 2019

合着用セメント

2019年12月28日

今年ももう残り少なくなりました。
インフルエンザも少しずつ流行ってきているようなので、体に気を付けて頑張っていきたいと思います。

最近合着用セメントを新しくしました。
以前のセメントでも特に問題なかったのですが、今までのものより接着力が強く、補綴物が取れにくいということで購入することになりました。
良いか悪いかはまだ分かりませんが、ただ使いやすさは前のものよりも良いように実感します。
それは、歯科医療に限らずすべてのことに言えるかもしれませんね。
それと同時に当院の治療も時代とともに変わっていくのだと思います。
新しい材料、あるいは機械などもそうですがケースバイケースで正しい使い方をしないと治療の向上はないと思います。
今年もあと少しですが来年も治療における向上心を忘れず頑張っていきたいと思います。

院長 山根

忘年会

2019年12月23日

もうすぐクリスマスの時期がやってきますね。
鳥取砂丘のイルミネーションも綺麗にライトアップされてました。

先日、当院での忘年会が開催されました。
一年を振り返り、楽しい時間を過ごすことができました。
当院は、今月からPayPay支払いもスタートします。
コンビニやスーパーだけでなく、今は色んなところでもPayPay支払いが普及していますよね。
キャッシュレス・消費者還元がメリットであり、10月の消費税増税により利用することが増えたと思います。
支払い方法の枠が増えたこともありますので、受付での対応も気を引き締めたいと思います。

受付 田口

感染根管治療

2019年12月18日

今年ももう二週間ほどになりました。
鳥取は冬になると雪が降るのでタイヤ交換をしなければなりません。
私の車も先日タイヤ交換をしてきました。

今日の治療では、右6番が腫れて来院されました。
実は、一か月前に右6番がしみるということで虫歯の部分を完全に除去し、セメントを詰めて様子見していた患者さんだったのですが、その方が急に腫れてきたので驚きました。
すぐ麻酔をし、抜髄を行いました。
治療中、歯の中から腐敗臭がしてきたので、しっかりと洗浄し、根管治療をしました。
治療が終わった後、だいぶん楽になったようです。
明日消毒に来られる予定ですが、少し気になる患者さんです。
しっかり根管処置を行い、FCKで被せる予定です。
私自身も当初セメント詰めて、症状が軽くなっていたので少し安心していたのですが、患者さんにとっては大変だったようです。
今後は確実な治療を行い、痛みをとってできるだけ早く咬めるようにしてあげたいと思います。

院長 山根

根管治療セミナー

2019年12月13日

今年ももう三週間ほどになりました。この頃時間が経つのが早く感じます。

さて、12月4日東京にて根管治療のセミナーを受けてきました。
夜19:00~21:15までの短い時間だったのですが、かなり多くの歯科医の方が来られていました。
内容は、どのように根管治療の成功率をアップにするかということです。
根管治療は、歯科医にとって頭を悩ませる治療ではないでしょうか。
根管治療がうまくいかない原因の一つは細菌感染です。
当たり前のことですが、根管形成拡大、根管清掃を確実にしないといけないということです。
基本的なことですが、上記のことを疎かにすると成功率がアップしないだけでなく、症例によっては抜歯をすることになります。
出来るだけ歯を残すためには、重要なことだと思います。
今回のセミナーを参考にし、最新の注意を払って根管治療に望んでいきたいと思います。

院長 山根

歯科医院で行われている無痛治療とは

2019年12月10日

歯医者は痛い・怖い等のイメージを抱かれる方もいますよね。
あの、歯を治療する際に機器のキーンと言う音を聞くだけでも苦手な方もいます。
鳥取の歯科医院では、なるべく患者さんに治療の痛みを感じさせないよう、色々と配慮をして治療を行っている所は沢山あります。
このように、歯科治療では、まず治療中に痛みを感じる事がないように患者さんに麻酔を施す事から始まります。
しかし、痛みに敏感な方であれば、麻酔注射と聞くだけで治療に消極的になりがちですが、鳥取市の歯科医院では、麻酔注射に関しても様々な工夫をしていりので心配ありません。
また、レーザー治療器を導入して痛み軽減に繋げています。
治療の痛みは、脳が痛みをどのように感じるかで変わってくるので、痛みの感覚には個人差があります。
歯科治療において全く痛みの無い治療を行う事難しいですが、患者さん不安と痛みを軽減させる事ができる治療が行われています。

院長 山根

1月のご案内

2019年12月3日

1月1日(水)お正月休み
  2日(木)お正月休み
  3日(金)お正月休み

日・祝日は通常通り診療しておりますので
よろしくお願いいたします。

鳥取市でもインプラントが人気な理由とは

2019年12月3日

インプラントとは、顎の骨にインプラント体と言われるネジの様なモノを埋め込んで、歯根の代わりにする治療です。
インプラントの上には人口歯をはめ込みますが、インプラント治療した歯は、正しくメンテナンスを行う事で半永久的に使用可能で、しっかりした噛み心地を得られる事が特徴で人気の理由です。
インプラントと差し歯の違いですが、差し歯は治療して残った歯根に金属やプラスチックの土台を入れ、被せモノをする治療です。
差し歯は、歯根は自分のモノですが、インプラント治療は歯根も人工物になり、そこが差し歯との違いです。インプラントが支持される理由には、差し歯やブリッジ治療と比較して、違和感なく噛めると言う事が挙げられます。差し歯やブリッジ治療では、強く噛んだ際に歯がグラつく違和感が生じます。
一方、インプラントは顎骨に固定するので、自然な歯と違いをそこまで感じる事がありません。

院長 山根

インプラント治療を受けることができる人とは

2019年11月27日

基本的に成長発育中の子供にはインプラント治療はできません。
女性18歳、男性20歳位になると骨の成長が止まるので、それ以降に治療を始めるのがお勧めです。

一般的にインプラント治療は、歯が無くなる40歳後半~60歳代中心です。
しかし、高齢者でも抜歯手術等を受ける事のできる健康状態であれば治療は可能です。
また、インプラント治療は手術を伴うので誰でも受ける事が可能と言う事ではありません。
持病症状が重い人や不安定していない人には治療は難しくなります。
例えば、代表的な持病では糖尿病が挙げられます。
骨を作る細胞機能や数が低下し骨結合ができなくなる場合恐がある為、治療後にインプラント周囲炎を起こしやすくなります。
他にも、女性に多い骨粗しょう症では、患者が予防薬や治療薬にビスホスフォネート製剤を使用している場合、手術後に顎骨壊死に至る事もあり注意が必要です。
投薬の種類や期間等によって治療可能なので、持病をもっていり方は一度主治医に相談するのがお勧めです。

院長 山根

全部床義歯についてのセミナー

2019年11月26日

先日、11月24日東京に行き、セミナーを受けてきました。
セミナー名は「はじめての全部床義歯、成功へのポイント」がテーマです。
たくさんの歯科医の先生が出席されていました。
9:30~17:00までのセミナーだったのですが、内容が盛りだくさんで有意義に過ごせましたし、明日から治療に取り入れていこうと思います。
セミナー内容は、義歯の印象採得から咬合採得、前歯・臼歯部の排列、装着まで幅広い内容でした。
私は、年に何回かいろんな分野のセミナーを受けています。
その度に自分の治療において、改善点を見つけて診察の向上に役立てています。
今回もセミナーで習得した知識を大いに治療に生かして、患者さんに喜んでもらえる治療をしたいと思っています。

院長 山根

インプラントの基本手術方法とは

2019年11月20日

歯科医院で行われているインプラント術式には、大きく2タイプの手術方法があります。

まず1つ目は一回法です。
一回法では、インプラントを埋める部位の粘膜を切開して骨を露出させ、ワンピースインプラントをドリルで穴を開けて埋め込みます。
また、ツーピースインプラントは、インプラントを埋め込む際にアバットメントも一緒に連結します。
そして2つ目は二回法です。
1回法同様、インプラントを埋め込んだ後に上部の穴にカバーを付けます。
一回目の手術では、切開した粘膜を糸で縫い合わせ、大体インプラントと骨が結合する迄上顎は5カ月前後、下顎は3カ月前後待つのが一般的な治癒期間となっています。
2回法の2回目の手術では、カバーの上粘膜を切開しカバー除去後、仮のアバットメントを連結します。
通常、粘膜治癒を2~3週間待った後に、本物のアバットメントを連結します。
骨量が十分に硬い場合、特に1回法で問題ありませんが、少骨量で要骨移植等、骨が軟らかい場合は2回法が行われています。

院長 山根