ていねいな説明と治療

9月に入っても鳥取ではとても暑い日が続いていますが、だいぶん日が暮れるのが早くなってきたように感じます。

今日右上が腫れている患者さんが来院されました。レントゲンを撮ってみると、右上5番が歯牙破折していました。すぐにEXT(抜歯)をしました。抜歯自体はそんなに時間がかからなかったのですが、むしろその後の治療方針の説明に時間がかかりました。
欠損補綴では3つの方法があります。
それは、インプラント・ブリッジ・義歯のことです。この3つの方法を丁寧に説明しました。どの方法をとるのかなかなか決断が出来なかった様子でした。結局次回来院されるときまで考えるということになりました。ただ(インプラント・ブリッジ・義歯)において、ひとつひとつの治療方針のメリット・デメリットを丁寧に説明しましたので、その部分を考慮して治療方法を決めるでしょう。確かに、自分が患者さんの立場ならすぐに決めることは出来ないかもしれませんね。

院長 山根