インプラント治療を受けることができる人とは

基本的に成長発育中の子供にはインプラント治療はできません。
女性18歳、男性20歳位になると骨の成長が止まるので、それ以降に治療を始めるのがお勧めです。

一般的にインプラント治療は、歯が無くなる40歳後半~60歳代中心です。
しかし、高齢者でも抜歯手術等を受ける事のできる健康状態であれば治療は可能です。
また、インプラント治療は手術を伴うので誰でも受ける事が可能と言う事ではありません。
持病症状が重い人や不安定していない人には治療は難しくなります。
例えば、代表的な持病では糖尿病が挙げられます。
骨を作る細胞機能や数が低下し骨結合ができなくなる場合恐がある為、治療後にインプラント周囲炎を起こしやすくなります。
他にも、女性に多い骨粗しょう症では、患者が予防薬や治療薬にビスホスフォネート製剤を使用している場合、手術後に顎骨壊死に至る事もあり注意が必要です。
投薬の種類や期間等によって治療可能なので、持病をもっていり方は一度主治医に相談するのがお勧めです。

院長 山根