インレー形成

こんにちわ 山根です。

今日、インレーが脱離した患者さんが来院されました。

口腔内をよく見ると、インレー脱離した部位にカリエスなっています。
患者さんに口腔内を見てもらい、さっそく本日から治療を進めていくことにしました。
いつものように、ゆっくりと麻酔を行い、軟化象牙質(カリエス)を除去しました。
除去していくと、側壁が薄くなり、もしかすると、インレーを入れても歯牙が破折するかもしれないなあと思いました。ただ、FCK(Cr)にすると削合する量が多くなるため、やはり、今まで通り裏装して、インレーを入れるための印象(型取り)をすることにしました。
歯牙が破折する可能性があることを、しっかり説明し患者さんには納得していただきました。

次回はセットです。ありふれた治療でした。おだやかな雰囲気で治療が終わりました。

院長 山根