感染根管治療

今年ももう二週間ほどになりました。
鳥取は冬になると雪が降るのでタイヤ交換をしなければなりません。
私の車も先日タイヤ交換をしてきました。

今日の治療では、右6番が腫れて来院されました。
実は、一か月前に右6番がしみるということで虫歯の部分を完全に除去し、セメントを詰めて様子見していた患者さんだったのですが、その方が急に腫れてきたので驚きました。
すぐ麻酔をし、抜髄を行いました。
治療中、歯の中から腐敗臭がしてきたので、しっかりと洗浄し、根管治療をしました。
治療が終わった後、だいぶん楽になったようです。
明日消毒に来られる予定ですが、少し気になる患者さんです。
しっかり根管処置を行い、FCKで被せる予定です。
私自身も当初セメント詰めて、症状が軽くなっていたので少し安心していたのですが、患者さんにとっては大変だったようです。
今後は確実な治療を行い、痛みをとってできるだけ早く咬めるようにしてあげたいと思います。

院長 山根