抜髄治療

本日急患で来院された患者さんは、右上が痛く、頭まで痛むと言われました。
早速、口腔内を見ると右上6番に大きく穴が空いています。
レントゲンを撮ってみると、完全に歯髄までカリエスが進行していました。
エアーをかけても痛がります。これは、抜髄処置と判断し、いつものようにゆっくり麻酔を行い、処置に取りかかりました。患者さんもある程度覚悟していたようです。
麻酔を行った段階でずいぶん楽になったようでした。
もちろん、抜髄を行う前に口腔内の状況をていねいに説明し、治療後は今後の治療方針を説明しました。
ただその他の歯はほとんどカリエス・歯周病もなく大丈夫のようです。今まで歯科にかかったことがほとんどなく、今回こんなに痛みがあったのは初めてですと言っておられました。
ということで、無事に治療が終わりました。

院長 山根