歯周病と審美歯科の関連

今日は当院へ歯を綺麗にしたいという患者さんが来院されました。
口腔内を見ると、口臭もあり、下顎前歯には歯石がべったりとついています。
患者さんにしてみれば、きれいな冠を入れて、審美的に問題ないようにしてほしいということですが、やはりまず歯周病を治してからではなければ冠のやり直しは困難です。
仮にきれいな冠(ジルコニア)を入れたとしても、歯周病が治っていないとすぐダメになってしまいます。

本日は、歯周病治療を行うため歯石除去をし、ブラッシング指導を徹底的に行いました。
かなり出血も多かったですが、歯周治療を行いながら、様子を見て補綴治療も行っていこうと思います。

歯科治療においては、カリエス治療・歯周治療・補綴治療いろんな分野がありますが、その一つ一つが別のものではなく、相互に関連があります。
今回のように補綴治療を希望しても歯周病が進行していればまず歯周治療からしていくことが重要だと思います。
当院では患者一人一人の口腔内に適した治療計画を立てて治療を行うようにしています。
もちろん患者さんにしっかりと説明し納得された上で治療を進めていきます。

院長 山根