親知らずの治療方針

今日、左上の親知らずに物が引っかかると主訴を訴えられた患者さまが来院されました。

当院では親知らずの場合、痛みがあり治療ができない場合尚且つ対合歯がない場合(咬合に関係ない)は抜歯を薦めています。

ただ患者さまの希望も考慮して最終治療方針を決定するのですが、今回の場合、患者さまが抜歯を希望していなかったため穴が空いているところを充填して引っかかりをなくしました。

万が一次回痛み出したら抜歯をしましょうと説明しておきました。

患者さまはホッとした様子でした。ある程度抜歯を覚悟していたのかもしれませんね。

院長 山根