6歳臼歯の特徴と予防

10月になってだいぶん寒くなってきました。
風邪を引かないよう注意したいと思います。

本日は6歳臼歯についてお話します。

6歳臼歯は、5歳から8歳ぐらいに乳歯の奥に生えてくる永久歯です。
上下左右に1本ずつ計4本生えてきます。
6歳臼歯は永久歯の中で最も嚙む力が強く、食べ物を嚙み砕くのに重要な歯です。
この歯が抜けてしまうと歯並びや噛み合わせが悪くなり、思うように食べ物を噛み砕くことが出来なくなります。
また、上下の歯の正しい噛み合わせを決める重要な歯です。
ただ気をつけなければならないことは、生え始めの6歳臼歯は虫歯になりやすいです。

理由は、
➀乳歯の一番奥に生えてくるので気が付きにくい
➁乳歯の奥に生えてくるため、歯みがきがしにくい
➂6歳臼歯は噛み合わせの溝が深いので食べ物がたまりやすい
➃生えてすぐの歯はとても歯の質が弱く、虫歯になりやすい
(歯の表面は生えてから2年くらいかけて強くなる)
以上のことが挙げられます。

5歳から8歳ぐらいの子どもの場合、本人のケアだけでは6歳臼歯を虫歯から予防することは困難だと思います。
ぜひ保護者の方が協力して、仕上げ磨きをしてください。
当院では、ブラッシング指導やフッ素塗布、溝が深い場合はシーラントなど行い虫歯の予防をしています。
何かあればいつでもご相談ください。

院長 山根