CAD/CAM冠

最近気温が下がり、だいぶん過ごしやすくなってきました。

本日はCAD/CAM冠についてお話します。
CAD/CAM冠は数年前から医療保険の適用になりました。
2014年から上下顎の小臼歯、最近では上下顎の第一大臼歯が条件付きで保険適用になりました。
それまでは臼歯と言えば銀歯(FCK)で、白い冠に希望する場合は保険外の冠にしなければなりませんでした。
では、CAD/CAM冠とは一体どういう冠なのでしょうか。
簡単に説明すると、コンピュータでデザインし、コンピュータを使用して制作する冠です。
なので銀歯(FCK)と比べて精密に出来ています。

CAD/CAM冠の利点
➀歯に類似した白色の冠なので審美的に良い
➁金属を使用していないのでアレルギーが起こりにくい
➂コンピュータで作製するので精密である

CAD/CAM冠の欠点
➀銀歯と比べて強度が弱い
➁長い時間が経つと変色が起こり、黄ばんでくる

などが挙げられます。
ただずいぶん前になりますが、当院では小臼歯においてどうしても保険適用内で白い冠にしてほしいと言われたとき、ジャケット冠を使用したことがあります。
ジャケット冠に比べると、かなり強度が増して破折しにくいように思います。
最近では患者さんがCAD/CAM冠を希望するケースが多くなりました。
ただ、歯の食いしばりや歯ぎしりをする患者さんは破折する可能性が高いので、銀歯をお勧めします。
精密で強度もあり、審美的にも良い冠を希望する場合は保険外の冠(ジルコニア)が良いと思います。

院長 山根