当院の歯周病治療

歯周病はお口の中の細菌によって発症します。
歯茎の炎症や腫れ、出血、口臭といった症状があり、進行すると歯が抜けてしまいます。
お口の中だけでなく、心内膜炎や糖尿病、肺炎など全身疾患の原因や悪化を引き起こすこともわかってきました。
成人の8割以上が歯周病にかかっていると言われています。
大切なご自身の歯を1本でも多く残すために、早期発見・治療、予防が大切です。


軽度歯周炎の治療

歯周ポケットの深さが3~4mm、歯を支える歯槽骨を溶け出した状態です。
歯みがき時の出血、歯のうずき、歯茎の腫れを感じます。

ヒノポロンによる歯肉のマッサージを行います。
スケーラーという器具を使って、歯の表面や根の周りの歯垢や歯石を除去します。


中等度歯周炎の治療

歯周ポケットの深さが5~7mm、歯を支える歯槽骨が1/3程度溶けた状態です。
水がしみる、歯みがき時の出血、歯のぐらつき、歯茎から膿が出る、口臭がしたりします。

ヒノポロンによる歯肉のマッサージや、ペリオフィールという抗菌薬を歯茎に注入します。
歯周ポケットの中の歯垢や歯石を除去します。


重度歯周炎の治療

歯周ポケットの深さが7mm以上、歯を支える歯槽骨が2/3以上溶けた状態です。
歯茎からの出血や歯のぐらつき、歯と歯の間の隙間が大きくなったり、物が詰まりやすくなります。
重度歯周炎は放置すると歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周ポケットの奥の歯垢や歯石を除去するため、歯茎を切開し治療します。
改善しない場合は抜歯となることもあります。