当院の義歯について

しゃべりやすく、違和感のない義歯を目指します。
また、義歯をつくる時には、できるだけ現状の歯や歯の根を活かします。
歯を失うということからくる気力の衰えを軽減することにつながると考えるからです。


部分床義歯

部分床義歯

総義歯