口腔外科

口腔外科とは、歯科の中の一つの専門分野で外科処置を専門に行う科です。
例えば、親知らずが埋まっている歯の抜歯、顎の骨折、口腔粘膜の病気、口腔ガン、顎関節症などが挙げられます。

当院の治療の取り組み

一般的な親知らずの抜歯、顎関節症、歯根のう胞などは当院で治療を行います。ただ、難症例と判断した場合は口腔外科専門医に紹介し、そこで連携を取りながら治療を行って参ります。

親知らずの治療

・親知らずは抜いた方がよいのかなぁ
・腫れると聞いたことあるなぁ
・怖いなぁ
と不安や疑問を抱いている人が多いと思います。
ただ親知らずと言っても抜いた方が良い場合と抜かなくても良い場合があります。

 

抜かなくても良い場合

歯が綺麗に生えていて、上下顎の歯が噛み合っている場合、また痛みや腫れなどの症状がない場合は抜かなくても大丈夫です。

抜いた方が良い場合

歯が半分しか生えてなく、斜めに生えている場合、もしくは埋状している場合でしかも痛みや腫れなどの自覚症状がある場合です。
また、綺麗に生えていても虫歯や清掃状態が不良で隣接歯に影響を及ぼす可能性がある場合は抜いた方が良いと思います。
埋状歯などに関しては腫れる可能性は高いですが、歯全体が生えている場合は腫れる可能性は低いと思います。
また、埋状抜歯で難症例の場合は口腔外科専門医に紹介し、抜歯していただくケースもあります。

歯根のう胞

歯根のう胞においてはレントゲン検査(CT)などで治療方針を決めます。
のう胞が大きい場合で痛みや腫れがある場合は抜歯して、のう胞を取り除きます。
小さい場合は歯根端切除をして、歯を抜歯せずに治療を行うケースもあります。