無痛治療の流れ

当院では、患者様にできるだけ歯科治療に対する“痛み”や“不安”を感じさせないために様々な無痛治療を心掛けています。
子供時代に痛い治療、押さえつけられての治療を受けて、「歯医者は痛いもの」「歯医者は怖いところ」という先入観の方もおられると思います。
そのような思いをしないために、可能な限り“痛み”や“不安”のない治療に努めています。


▼極力細い注射針を使用

痛みを抑えるためには細い針のほうがよいです。
現在最も細いと言われる33ゲージを使っています。
 

▼電動麻酔機

手動の注射器では必要以上に力が入り麻酔液が体内に入っていく圧力が苦痛になる場合もありますが、
電動麻酔器は注入時にゆっくりと一定のスピードで体内に麻酔の液を入れていきますから生体的に抵抗がなく、注射されている感覚もほとんどありません。
 

▼レーザー治療

レーザー治療はほとんど痛みも無く、むし歯の治療、歯周病(歯槽膿漏)や知覚過敏、歯茎の黒ずみ除去、口内炎などに効果があります。
また全身疾患をお持ちの方や妊婦さんもご利用頂けるなど安全性の高い医療機器です。
※症例によってはレーザー治療が適さない場合もあります。
 

▼高周波治療機(ぺリオエンドシステム)

顎関節症・抜歯後・切開後・歯肉等の疼痛緩和等に有効です。
 

▼技術

麻酔の際に、まず歯肉の中でも傷みを感じにくい場所からゆっくりと針を入れ、痛みを麻痺させていきます。
そして針を動かさずに歯肉を振動させて、薬液を入れることにより、さらに痛みを軽減します。