小児歯科

歯医者を怖がるお子さまの治療をお任せください。

子どもにはできるだけ優しく接することを心掛けていますし、大きな声を上げて強い口調にならないように喋り方や言葉遣いにも気を付けております。
お母さん方にとっても子どもは大切に扱ってほしいと思う気持ちは私たちはよく分かるからです。
多少暴れても安全を確保しながらスタッフ一同治療を行うようにしています。

怖がらせないためにお子さまにもきちんと説明します

子どもが相手であっても治療も説明はしなければなりません。
何をされるのか分からないまま治療をしていくことは怖いと思うし、不安にもなります。できるだけコミュニケーションをとるようにもしています。
治療ができたときにはたっぷりと褒めてあげます。
まだ治療が続く場合は「また頑張ろうね」と声を掛けるようにしています。

子どもの治療への取り組み

子どもは特に痛みに敏感です。当院では、麻酔の時は特に注意を払い、表面麻酔をしっかりとして注射針で麻酔をします。一度恐怖心を抱いてしまうと次の治療がなかなか難しくなります。無痛治療こそ子どもの治療には特に必要不可欠だと思います。
当院ではどんな小さなことでも「出来たら褒める」ようにしています。
「大きく口を開けたら褒める」といったことを繰り返すことで子どもにも大きな自信がつき、不安や怖さを乗り越えていくのだと思います。