電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
ヘッダーオファー

インプラント治療前に知っておきたいことPart.1

2022年4月15日

Part.1ではインプラント治療と基礎疾患の関係性についておはなしします。

インプラント治療を行う前に、患者さんにしっかりと考えていただきたいことがあります。

それは歯を失った原因です。

虫歯、歯周病、歯の破折(歯が割れたり欠けたりすること)など、原因となる理由があります。虫歯や歯周病で失ったのであれば、インプラント治療前に日頃から歯磨きを行い口の中のケアをしておかなければなりません。歯の破折が原因であれば、マウスピースの使用などを考えておく必要があります。

また、インプラント治療は、基礎疾患が有るか無いかで成功率が変わってきます。外科的処置を行うため、全身疾患のある方は特に安全性を考えなければならないので注意が必要です。

 

注意が必要な基礎疾患にはどのようなものがあるでしょうか?

骨粗しょう症

骨粗しょう症の患者さんは、多くの方がビスフォスフォネート製剤を利用されている方が多く、その薬によって顎の骨が壊死することがあります。そのためインプラント治療を行う際には注意が必要です。

 

糖尿病

糖尿病の方でもインプラント治療を受けることができます。ただ、重度な糖尿病の患者さんの場合、骨が弱くまた免疫力が低下しているためインプラント治療が困難な場合があります。またインプラント治療後も唾液の分泌量が減少し、口の中が乾燥状態になります。唾液には自浄作用や抗菌作用がありますが、その作用が低下し、虫歯や歯周病になりやすく、インプラント周囲炎を起こしやすくなります。その結果インプラントが脱落することが起こってしまいます。

インプラント治療を受けることのできる目安は以下の通りです。

・血糖値のコントロールができている(HbA1cが6.9%以下である)
・空腹時の血糖時が180(mg/dl)以下である
・口腔内の清掃が行えている

糖尿病の患者さんは数値がコントロールできていればインプラント治療は可能です。

 

高血圧

高血圧の患者さんもインプラント治療を受けることができます。高血圧の方は、インプラント治療に限らず、歯科治療では局所麻酔を使用する場合は気をつけなければなりません。多量に使用すると血圧を上げてしまう可能性があるからです。当院では、血圧の薬を服用しているかどうかを確認し、できるだけストレスを最小限にするように、麻酔の種類や量を適切に行うようにしています。血圧のコントロールができているかどうかを主治医に確認の上で、インプラント治療をお勧めしています。

 

インプラント治療の成功率は100%ではありません。基礎疾患以外にも注意しなければならない点があります。インプラント治療が失敗してしまう代表的なものとしてインプラント周囲炎があげられます。これは歯周病と同じようにインプラントの植立部周囲に細菌感染が起こりインプラント周囲の骨が溶けてインプラントが抜けてしまうことです。インプラントを長く持たせるためには毎日の歯磨き、定期的なメンテナンス(咬み合わせチェック、ブラッシング指導、インプラント周囲炎の歯肉の状態チェック)が大切です。インプラントは寿命が長いので安心と思わず、日頃のブラッシングや定期的なメンテナンスを行ってください。

インプラント治療について何か気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。

 

<< 前のページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA




診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0857-38-2118へ

診療時間
9:00~12:30
9:00~13:00
14:30~19:00
-
-
-
/
/
/
-
-
-
/
-
/
休診日:日曜日午後・祝日午後・木曜日
★ 変則診療時間:土曜日午後14:30-18:00
ご予約・お問い合わせはこちら
山根歯科医院の外観
フッターオファー
© 2021 山根歯科医院