電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
ヘッダーオファー

痛くない歯科治療って?~無痛治療~

2022年6月24日

みなさんの中で、歯科治療ってどんなイメージがありますか?

「痛い!」

「怖い!」

「何をされるのかわからない!!」

といったイメージを持たれている方が多くいらっしゃるかもしれません。

子どものころに、歯医者さんで虫歯の治療を受けた時に痛い思いをした…とお話を伺うことがよくあります。そのようなトラウマが原因で歯医者に行きづらくなった人も多くいらっしゃるかもしれません。その結果、虫歯が進行して治療が困難になり、最悪の場合抜歯になるといったケースも時々見受けられます。そうならないためにも早期発見・早期治療、また虫歯や歯周病の予防のために定期的にメンテナンスを受けていただくことがとても重要です。しかし、「痛い!」、「怖い!」、「何をされるのかわからない!!」といったイメージはなかなか取れないのが現状でしょうか。

そもそも痛くない歯科治療ってあるの?、と疑問を抱かれるかもしれません。

 

当院では、患者さんに安心して歯科治療を受けていただけるよう、痛くない治療(無痛治療)のための工夫をしています。

 

痛くない治療(無痛治療)の工夫点

 

麻酔の仕方

歯科治療を行うときに麻酔が痛いと、恐怖や不安を抱いてしまいます。当院では麻酔の仕方に気を配っています。

 

表面麻酔

麻酔をする部分に表面麻酔をあらかじめ塗布します。麻酔は注射針を刺されたときに痛みを感じやすいです。その痛みを和らげるために、注射針を刺す前に表面麻酔を塗布するようにしています。

 

表面麻酔

表面麻酔

 

極細の針を使用

注射針は太いものよりも細いものの方が、痛みが少なくなります。

 

注射針

注射針

 

電動注射器

急激なスピードで麻酔液を注入すると圧力が刺入した箇所にかかり痛みを感じやすくなります。当院では電動注射器を使用してゆっくりと時間をかけ、一定のスピードで麻酔液を注入していきます。

 

電動注射器

電動注射器

 

麻酔が効いたのを確認してから治療

麻酔を行っても、すぐに効かず痛みを感じることがあります。一度痛みを感じると、患者さんは不安になってしまいます。当院では麻酔が効いたことを確認してから治療を行うようにしています。

 

抗生剤、痛み止めの処方

特にインプラント治療のような外科的処置を行った場合、麻酔が切れた後に痛みが出ることがあります。治療後には必ず化膿を防ぐための抗生剤と痛み止めを飲んでいただくようにしています。

 

歯科用レーザーの活用

レーザー治療は痛みを軽減させるために必要な治療法です。初期の歯周病、口内炎、象牙質知覚過敏などではレーザー治療によって痛みをほとんど感じることなく治療することができます。

 

レーザー

レーザー

 

患者さんに安心いただくための環境づくり

痛みの感じ方は個人差があります。「痛い治療をされる!」と思って来院されると、本来あまり痛みを感じない治療でも痛みを増強させることに繋がります。当院では、初めて来院された患者さんには、まず不安に思っていることや気になっていることをしっかりとヒアリングさせていただき、納得のいく説明を行い、できるだけ不安を解消して安心していただける環境づくりを行ってから治療を行うようにしています。

 

カウンセリング

カウンセリング

 

早期発見・早期治療

虫歯、歯周病の治療は「痛い」と思っている方が多くいらっしゃると思いますが、初期の段階では麻酔も必要なく無痛治療を行うことができます。しかし、虫歯や歯周病が進行してしまうと根管処置が必要になったり、最悪の場合には抜歯をしなければならなくなります。そうなると麻酔が切れた後は「ズキズキ」するような痛みが起こりやすくなります。以上のことから無痛治療を受けるためには、予防・メンテナンスが重要になってきます。

 

今後も患者さんの不安を解消して満足していただける治療を行っていきたいと思います。
歯科治療のことで何か気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。

<< 前のページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA




診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0857-38-2118へ

診療時間
9:00~12:30
9:00~13:00
14:30~19:00
-
-
-
/
/
/
-
-
-
/
-
/
休診日:日曜日午後・祝日午後・木曜日
★ 変則診療時間:土曜日午後14:30-18:00
ご予約・お問い合わせはこちら
山根歯科医院の外観
フッターオファー
© 2021 山根歯科医院