電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
ヘッダーオファー

小児歯科のおはなし(矯正編)

2022年8月12日

保護者の方から子どもさんの歯並びについて相談をいただくとき、「いつごろから矯正治療を始めたら良いですか」とよく質問があります。また、「矯正治療は全部永久歯に生えかわってからするものだ」と思われている方も多くいらっしゃるかと思います。実は、矯正治療を始める時期は個人の口腔内の状態によって異なることをご存知でしょうか。一般に、小児矯正においては「一期治療」と「二期治療」に分けられます。

 

一期治療

乳歯が永久歯に生えかわる時期(6~12才)ぐらいまでの矯正治療です。一期治療の場合、乳歯と永久歯が混合している時期(混合歯列期)のため、歯列矯正を行うだけでなく歯列不正の原因を取り除くということも重要になってきます。歯列不正の原因を取り除くことによって歯列不正が治っていく場合もあります。つまり、一期治療で終了するケースもあります。

 

二期治療(成人矯正)

二期治療は永久歯に全部生えかわってから行う矯正です。時期としては、第二大臼歯が生える時期、13歳以降です。二期治療では図のようにブラケットを歯に着けて歯列不正を矯正していきます。顎と歯の大きさのバランスが悪く歯を移動させることが困難な場合、上下左右の4番目の歯を抜歯してスペースを確保し、矯正治療を行っていきます。前述した一期治療をすることによって、抜歯をすることなく二期治療に移行して歯列不正を治すことができる可能性は高くなります。二期治療はだいたい1~2年くらいで、通院の間隔は1ヶ月1回です。保定期間の場合は、3~4ヶ月に1回です。まれに歯に着けていた装置が外れることがあります。そのような場合はすぐかかりつけの歯科医院を受診してください。

鳥取市 歯医者 小児歯科 小児矯正 ブラケット

ブラケット

 

一期治療と二期治療のメリット

一期治療では、上顎の発育をコントロールすることによって二期治療の必要性がなくなる可能性があります。二期治療では永久歯の歯列不正を治すことにより審美的な面でのコンプレックスが解消されます。また矯正することによって、口腔用が清潔になって虫歯や歯周病になるリスクが大きく減少します。

 

 

小児矯正でよく使われる装置

ヘッドギア(上顎前突の場合(出っ歯))

大臼歯を後方移動させ上顎の成長を抑制する装置です

鳥取市 歯医者 小児歯科 小児矯正 ヘッドギア(上顎前突の場合(出っ歯))

 

チンキャップ(下顎前突(反対咬合))

下顎の成長を抑制する装置です

鳥取市 歯医者 小児歯科 小児矯正 チンキャップ(下顎前突(反対咬合))

 

FIKO(アクチバトール)(噛み合わせの改善)

上顎の成長の抑制と下顎骨の成長を促進します

鳥取市 歯医者 小児歯科 小児矯正 噛み合わせ アクチバトール

 

リンガルアーチ(反対咬合)

弾線によって、1~2歯の移動を行います

鳥取市 歯医者 小児歯科 小児矯正 リンガルアーチ(反対咬合)

 

矯正治療における注意事項

歯に装置を装着することによってプラークがつきやすく、また歯磨きもしにくいので虫歯や歯周病になる可能性が高くなります。しっかりとブラッシングをして、プラークコントロールを行ってください。定期的に歯医者に行き予防歯科を行いましょう。また、ガムやキャラメルなどを食べると歯に着けた装置が外れてしまう可能性が高くなるため、食べ物には充分に気をつけてください。

 

矯正治療は成人になってからも行うことができます。しかし、上下顎の成長が終わってから始めるより、顎が成長している子どもの時から始める方が良いケースも多くあります。治療法や矯正を始める適正な時期もありますので、矯正治療を考えている方は早めにかかりつけの歯科医院に相談されることをおすすめします。

 

小児矯正治療について何か気になることがあればお気軽にご相談ください。

<< 前のページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA




診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0857-38-2118へ

診療時間
9:00~12:30
9:00~13:00
14:30~19:00
-
-
-
/
/
/
-
-
-
/
-
/
休診日:日曜日午後・祝日午後・木曜日
★ 変則診療時間:土曜日午後14:30-18:00
ご予約・お問い合わせはこちら
山根歯科医院の外観
フッターオファー
© 2021 山根歯科医院