電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
ヘッダーオファー

神経がないのになぜ痛みがあるの?

2022年9月23日

「歯医者さんでの治療で神経を取ったのにずっと痛みが続いているのはどうしてですか?」という質問をいただくことがあります。基本的に根管治療をした歯は、神経を抜いているので痛みを感じることはありません。しかし、痛みの感じ方には個人差があります。また、治療方法によっては、歯の根っこの先や骨に刺激が加わるため強い痛みが発生することもあります。

 

「咬んで痛い」、「歯の辺りが痛い」、「歯の根元が痛い」といった痛みの原因は、歯根膜炎辺縁性歯周炎根尖性歯周炎が考えられます。

 

歯根膜炎とは…

抜髄(感染根管処置)を行った後で「咬んだ時に痛む」といったケースですが、根管治療をするときに器具が歯根膜に刺激を与えたため歯根膜炎を起こしたということが考えられます。この場合、咬み合わせを調整することによってほとんど治ります。それ以外で痛みの原因として考えられるとしたら、歯周炎です。

鳥取市 歯医者 神経の治療 抜髄 歯根膜炎 炎症 

 

辺縁性歯周炎とは…

一般的に歯周病という言葉を耳にすると思いますが、それは辺縁性歯周炎のことを指します。歯の周りの組織が炎症を起こし、吸収して歯茎が腫れたり、咬んだ時に痛みが出てきます。さらに進行すると歯がグラグラと動揺して抜歯をしなければならなくなります。

鳥取市 歯医者 神経の治療 抜髄 辺縁性歯周炎 炎症  歯茎腫れ 歯の動揺

 

根尖性歯周炎とは…

根尖性歯周炎とは、根尖に炎症があり膿が溜まる病気です。根っこの先に膿が溜まると歯茎が腫れたり、腫れた部分の歯根膜や歯槽骨(歯を支えている骨)に炎症が起こるため咬んだ時に痛みが出てきます。根尖性歯周炎と辺縁性歯周炎が合併した場合は、歯がグラグラと動揺して抜歯の必要があります。

鳥取市 歯医者 神経の治療 抜髄 根尖性歯周炎 歯茎炎症 歯茎腫れ 膿

 

上記にあげたとおり、「神経処置したはずなのに痛みが出た」という場合は、虫歯に起因する痛みではないことがわかります。まれに、熱いものや冷たいものがしみると感じられる場合は、隣接している歯に原因がある、もしくは過去にした根っこの治療で神経を取り残しているケース(残髄)が考えられます。残髄の場合はもう一度根管治療が必要となってきます。

 

その他の原因…

感染根管処置が完了し、根管内に薬剤を詰める「根管充填」後に痛みが生じることもあります。これは薬剤を詰めた時の圧力が原因として考えられます。根管充填では、治療後の再感染を防ぐために根管内に薬剤を隙間なく詰め込みます。その時の圧力で痛みが生じることもありますが、たいていの場合は数日のうちに痛みは消失していきます。もしも強い痛みなどの症状が長引く場合は、別の原因も考えられますので早めのうちにかかりつけの歯医者さんに相談されてください。

 

神経を取った後でも痛みは出ることはあります。また、抜髄処置を行った歯は生活歯(歯の神経がある歯)に比べて弱くなります。そのため歯周炎や歯の破折(外からの力で歯が折れたり割れたりすること)も起こりやすくなります。辺縁性歯周炎や根尖性歯周炎が進行すると抜歯にもつながります。特に一度神経処置された方は定期的にかかりつけの歯医者さんに行ってメンテナンスを行ってください。

 

何か気になる点があればお気軽にご相談ください。

<< 前のページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA




診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0857-38-2118へ

診療時間
9:00~12:30
9:00~13:00
14:30~19:00
-
-
-
/
/
/
-
-
-
/
-
/
休診日:日曜日午後・祝日午後・木曜日
★ 変則診療時間:土曜日午後14:30-18:00
ご予約・お問い合わせはこちら
山根歯科医院の外観
フッターオファー
© 2021 山根歯科医院