よくあるご質問


A:当院では、ゆっくりと慎重な治療を心掛けています。
特に麻酔においては注射の麻酔の前に、しっかりと表面麻酔を行い、 注射針を刺す時もできるだけ痛みが出ないように、ゆっくりと麻酔を行います。
あまり心配しないでください。


A:歯を失う原因は虫歯と歯周病です。
この2つの病気は、定期的にブラッシング指導やクリーニング(歯石除去)を行うことで進行を抑えることができます。
初期の段階であれば簡単に治すこともできます。
ぜひ定期検診を受けてください。


A:歯垢(プラーク)が歯と歯ぐきの間に入り込みそこで炎症が起こると歯肉が腫れて最終的には歯を支えている骨がなくなり、最悪の場合、動揺して歯が抜けていく病気です。
初期の歯周病には自覚症状がほとんどありません。
ですから初期の段階で、しっかりと正しいブラッシングで歯垢を取り除き、歯周病の進行を抑える必要があります。


A:大丈夫です。他院から当院に転院された方もいらっしゃいます。
お気軽にご相談ください。


A:大丈夫です。新患や急患は随時受け付けております。
ただ、混雑している場合お待たせしてしまいますので、予約を取って来院された方が、スムーズに診ることができます。
お気軽にお電話でご相談ください。


A:もちろん大丈夫です。
虫歯の治療はもちろんブラッシング指導、フッ素塗布、シーラントなど予防処置も行います。
子どもの場合、虫歯になりやすく進行も早いので早期発見、早期治療ができるように定期検診の習慣をつけておくといいですね。


A:可能な範囲で治療を進めていきます。
ただ、抜歯など外科的なことをする場合は、かかりつけの産婦人科の先生と連携をとって治療を進めていきます。
またレントゲンにおいて、デンタルレントゲンは放射線量も少ないですし、防護エプロンも使用していますのでご安心ください。