インプラントとは?

英語で「implant」、しっかり差し込むという意味です。
歯を失った場合、歯の替わりに人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯(天然と同じような)を装着します。
入れ歯やブリッジでは満足することが難しかった“食べる・話す”という機能も回復できます。

インプラントの特徴

・ブリッジのように他の歯を削る必要がない
・隣接歯の負担を軽減することが出来る
・審美的に良い
・よく噛める
・義歯のように違和感がない
・平均寿命が長い(ブリッジや義歯よりも)

インプラントを成功させるための設備

当院ではインプラント専門医が来られ、インプラント治療にあたっておられます。
インプラントを希望される患者さんに対して、より良い治療を行うため、歯科用CTを設置しております。
顎には神経や血管が流れていて、それらを傷つけてしまうと大変なことになってしまいます。
またいろいろな角度で骨の状態を把握できるため、治療をスムーズに進めることができます。
インプラント治療において、安全性、効率性からもCTは欠くことができない設備です。

インプラントの術式

インプラントは歯槽骨の量が十分にある場合は、通常通りのインプラント手術を行います。
ただ、歯槽骨の量が少ない場合、骨を増やす治療法が必要となります。
それは以下の方法です。
■ソケットリフト
上顎の奥の骨が薄いとき、上顎洞麻酔を持ち上げて隙間を作り、骨移植や再生療法なので骨造成を誘導する治療法です。
■サイナスリフト
上顎の奥の骨が薄いとき、上顎洞の横の歯ぐきをめくって上顎洞を露出させ、上顎洞を直接上に持ち上げ骨造成を行う手術です。
この方法は、上顎の奥の骨が極度に少ない場合に行われます。
■GBR法
歯槽骨が不足している場合に粉砕した自家骨もしくは骨補填材を置き、骨造成を促す手術です。その他に抜歯即時インプラントという方法もあります。
歯を抜くと同時に抜歯した所にインプラントを埋入する方法、手術が1日で済み不要な切開をすることがないので、腫れにくく、痛みが少ないメリットがあります。

当院のインプラントについて

当院ではAQBインプラントやアストラインプラントを採用しています。
純チタン材にハイドロキシアパタイトという骨の成分の一つで、歯と結合する材料をコーティングしているものを使用しています。

インプラント植立術の流れ

●カウンセリング

病歴や健康状態をお聞きし、お口全体の検査をします。
その後、患者様と十分相談しな がら治療計画を立て、インプラントについても詳しくご説明します。

●診査/診断

レントゲン撮影以外にも、噛み合わせ・顎の関節の状態などを診査し、どのような治療 方法が最適かを診断します。

●インプラント埋入手術

麻酔は局所麻酔を行いますので痛みはほとんどありません。
手術時間は1〜2本の場合は30分〜40分程度、本数が多い場合でも平均1時間前後で終了します。

術前の状態

インプラントを埋め込むための穴をあける。

インプラントを埋め込む。

●被せ物製作
(フルキャストクラウン(銀歯)・メタルボンド・ハイブリッド)

上顎の場合は約4ヶ月、下顎の場合は約3ヶ月を目安に最後の被せ物をします。
その3〜4ヶ月の間に、消毒・抜糸・歯ぐきのチェックなど、3〜4回来院していただくことになります。
手術方法や治り具合により、回数が増える場合もあります。

インプラント癒着状態を確認します。

仮歯を入れて問題がないかどうか確認します。

被せ物を装着し治療完了となります。

●メンテナンス

歯科衛生士による指導のもと、日頃の衛生管理をしていただきます。
特に手間のかかる管理ではありませんが、毎日の管理は重要です。
また、定期的に検診のご案内をDMでお知らせしますので、ご来院ください。

インプラントと義歯の違い

義歯 インプラント
良い所 ・一般的な治療のため比較的簡単に治療が受けられる。
・取り外しができるため歯磨きが困難な方には衛生的。
・食べ物を選ぶことなく、自分の歯に近い感覚で食事ができる
・自然な歯並びになり、違和感が無い。
留意点 ・硬いものや粘りがある食べ物に苦労する。
・味覚が変わる。
・手入れが必要。
・体質によっては手術できない場合がある。
・感染症に注意が必要で、正しい清掃習慣を身につける必要がある。

よくあるご質問


A:手術中は局所麻酔をするので痛みはありません。
ただ、麻酔が切れてから痛みや腫れは出ることがあります。一週間くらいで痛みや腫れは治ってきます。


A:口腔内の衛生状態が良好であれば長く持ちます。
ちなみにインプラントの10年生存率は90%~95%くらいです。
ですから、ブリッジや入れ歯と比べるとはるかに寿命が良いと言えます。


A::喫煙者でもインプラントが出来ないわけではありません。
ただ、喫煙は歯周病になりやすいと言われています。
なので、インプラントにおいてもインプラントの周りの骨が吸収して、インプラント周囲炎になることがあります。
統計的にも喫煙者と非喫煙者に比べ、インプラントの寿命は短いと言われております。


A:だいたい18歳以上(顎の発育が止まる時期)であれば特に問題ありません。
高齢者の方も大丈夫です。


A:早い方なら3ヶ月ぐらいで正常に噛めるようになります。
ただ骨の状態があまり良くないGBR・サイナスリフトなど特殊な手術を行った場合は4ヶ月~5ヶ月かかります。

インプラントムービー

当院のインプラントについて

インプラント治療の流れについて、ご説明します。

保証と費用について

当院のインプラント保証と費用について、ご説明します。