電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
ヘッダーオファー

知覚過敏について

2021年8月24日

本日は“知覚過敏”についてお話ししたいと思います。
みなさんは、冷たいものや熱いもの、また歯みがきをしている時に、「あっ痛い!」と感じることはありませんか?このような症状が出た場合、知覚過敏症を疑う必要があります。

知覚過敏症の原因にはいくつかあります。
まずひとつの要因として、強いブラッシング圧で磨いたり、歯ぎしりや食いしばりによってエナメル質が摩耗しエナメル質の内側にある象牙質が露出して起こる場合があります。象牙質が露出してくると、歯の神経に過度な刺激がかかり、「あっ、痛い!」というような症状が起こりやすくなります。
その他の要因としては、歯周病です。歯周病が進行し、歯肉が下がると歯の根っこが見えてきます。根っこの部分はエナメル質に覆われている部分が少ないため、小さな外的刺激が加わっただけでも沁みる症状が出てきます。知覚過敏が進行すると歯髄処置(抜髄)をしなければなりません。

予防法としては、まずは正しいブラッシング法を身につけることです。時々、患者さんから「毎日歯を磨いているのにどうしてこのような症状が出るの?」という質問をいただくことがあります。食後に歯を磨くことも大切ですが、正しい磨き方をマスターすることがとても重要です。強いブラッシング圧で歯を磨かないよう注意しましょう。また歯ぎしりや食いしばりが原因と考えられる場合は、マウスピースを使用することをお勧めします。
歯肉が下がる原因は、歯周病が考えられます。歯周病の予防法としては、正しいブラッシング法をマスターすることですが、それに加えて汚れが付着しやすい部位(歯と歯の間)などの清掃にフロスや歯間ブラシを使用することが大切です。
歯周病は知覚過敏症をおこす原因ですが、進行すると歯の神経の炎症(歯髄炎)を起こしたり、さらに重度になると歯のあたりの骨が溶けて歯が動揺するようになり抜歯をしなければならないこともあります。何事も早期発見、早期治療ですね。

当院では知覚過敏の予防法として、歯科衛生士がブラッシング指導、歯間ブラシ・フロスの使用法、患者さんにあった歯ブラシの選択などを指導しております。歯周病の予防法においては歯石除去(スケーリング)、レーザー治療、薬液塗布、光力学療法など幅広く行っております。歯の知覚過敏症にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

去年より現在に至るまで新型コロナウイルス感染症の話題が多いですね。
鳥取県でも8月になって感染者がずいぶんと増えてきました。
コロナ対策においては今まで以上に気を付けていかねばなりません。
どうぞみなさまもご自愛ください。

歯周病について

2021年4月3日

4月になって暖かい日も多くなりました。
桜も満開でとてもきれいです。

本日は「歯周病」についてお話しします。
歯周病とは、歯を支えている骨が吸収してなくなっていく病気です。
歯を支えている骨がなくなると、歯と歯茎の間に溝ができて「歯周ポケット」が形成されます。
そうなると歯ブラシの毛先が届かなくなりプラークが溜まって炎症が起こり腫れたりします。
酷くなると歯を支えている骨が更に無くなって歯がグラグラと動揺してきて抜けてしまいます。
歯周病は無症状で進行していくことが多く、自発痛が出た時には重度になっているケースが多くあります。
歯周病を予防するには毎日のブラッシングと歯科医院で行っているプロフェッショナルケアあるいはスケーリング(歯石除去)です。

どの治療においても早期発見・早期治療が基本です。
歯周病を予防することによってしっかりとした歯で食事ができます。
これが健康を維持する第一歩だと思います。

気になることがあればいつでもご相談ください。

院長 山根

親知らずの治療

2021年3月13日

3月になってだんだん暖かくなってきました。
もうすぐ桜の開花の時期ですね。
ただ今年もコロナウィルスの影響でお花見での飲食を楽しむことは難しいかもしれませんね。

最近、「親知らずが痛い」と言って来院される方が時々いらっしゃいます。
本日は親知らずについてお話しします。

親知らずの痛みの原因はというと、
〇虫歯の痛み
〇歯茎の炎症の痛み
〇上顎の歯が咬合したときに下顎の親知らずの歯茎を傷つけたときの痛み
〇ななめ、または横向きに生えてきている場合の痛み
以上のことが考えられます。

親知らずの場合、ブラッシングを上手に行うことが難しいです。
特に親知らずがななめや横向きに生えている場合などでは、ブラッシングをしてもプラークが溜まって歯茎が炎症を起こすことがあります。
このことを「智歯周囲炎」と言います。
このような場合、治療法としては何と言ってもブラッシングです。
歯ブラシの毛先が届きにくい場所ではあるので大変だとは思いますが、まずは治療の第一選択です。
ただ何度も腫れるようであれば抜歯をすることをお勧めしています。
ななめまたは埋伏智歯を抜歯することは大変で抜歯後に腫れることが多いです。
そのような場合には痛みが出る前に抜歯を勧めるケースもあります。
また、親知らずがまっすぐに生えていて上の歯と咬み合っている場合は、他の歯と同様に保存して治療を行うケースもあります。
親知らず萌出状態によって治療法は変わります。

親知らずでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

院長 山根

メンテナンスについて

2021年3月2日

今年も3月になりました。
昨日は暖かい一日でしたが、今日は一転して風が強く寒く感じられます。
コロナの方は少しずつ落ち着いては来ているものの、気を付けて感染予防はしっかりとしなければなりませんね。

本日はメンテナンスについてお話しします。
少し前は歯医者に行く理由はというと、歯が痛いから、歯茎が腫れたから来た、という方がほとんどでした。
つまり歯医者というのは、「痛くなったら行くところだ」と思っている人が多かったです。
実はそれは間違いです。
歯や歯茎に異常がなくても定期検診に通いメンテナンスを行う必要があります。
メンテナンスとは、歯医者のドクターあるいは歯科衛生士がスケーリングやプロフェッショナルケア(PMTC)、またブラッシング指導を行うことによって、虫歯の予防や歯周病の予防を行うことです。
痛くなってから来院された場合、治療が長期間かかったり、場合によっては抜歯を行うケースもあります。
歯の治療においては早期発見・早期治療が大切です。
また小児においてはフッ素塗布・シーラントなども予防処置として行っています。
虫歯、歯周病になる前に予防する、またなってしまったとしても重症化することを防ぐことがとても重要です。
ですので、当院では定期的なメンテナンスをお勧めしています。
いつまでもよく噛める歯を持ち続けたいですね。

何か気になることがあればいつでもご相談ください。

院長 山根

審美歯科について

2021年2月20日

2月に入り寒い日が続いています。特に先日は、大雪で雪かきをしました。

皆さまは、どうお過ごしでしょうか。

みなさんは、「明ほう皓歯(めいほうこうし)」という四字熟語をご存じですか。

明ほう皓歯(めいほうこうし)の「ほう」は、大きく見開いた眼という意味です。
そして、「皓歯(こうし)」は、白く綺麗な歯という意味です。

つまり、「明ほう皓歯(めいほうこうし)」とは、明るく大きな見開いた眼と白く綺麗な歯であり、美人を指します。

眼に関してはお役に立てませんが、歯に関することはお役に立てると思います。

白い冠、矯正、ホワイトニング、PMTCなどで、歯を綺麗にすることができます。

以前、歯の色が気になって笑えなくなったという方が来院されました。

そして、ホワイトニング、白い冠(ジルコニア)などの処置を行い、満足して笑顔で帰られました。

笑顔を気にされる方、歯の色が気になる方は、いつでもお気軽にご相談ください。

院長 山根

ご挨拶

2021年2月15日

おはようございます。

私事で恐縮ですが、出産のため2月16日より産休育児休暇に入るため、しばらくお休みをいただきます。

また働ける日々を楽しみにして、まずは出産を頑張ろうと思います。
無事出産を終えて復職できる日が来ましたら、そのときはまた精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

受付 田口

印象材について

2021年2月10日

本日もテレビを観るとコロナウイルスの話題でもちきりです。
少しずつではありますが、全国のコロナウイルス感染者数は減少傾向にあります。
もう少しコロナ対策をしっかりして、また治療の方も頑張っていきたいと思います。

本日は印象材についてお話しします。
一般の方は「印象材」と聞いてもわからない方が多かもしれません。
歯科医院では、歯型を取ることを「印象を取る」と言いますが、その時に使用する材料のことを印象材と言います。

現在、歯科治療で最も多く使われているのが「寒天印象材」「アルジネート印象材」です。
比較的安価で歯科治療では多く使われていますが、精密さはいまいちと言えると思います。
当院では、インプラント・ジルコニアなどの自由診療においては精密さに優れている「シリコン印象材」を使用しています。
この印象材は高価ですが、精度は優れているため出来上がった技工物を口腔内に装着した場合、2次カリエスや歯周病になりにくいと言えると思います。
細かいことですが、歯科治療においては重要なことだと考えています。

何かありましたら気軽にご相談ください。

院長 山根

虫歯の予防と食生活

2021年2月2日

こんにちは。山根です。

2月になりました。本日は、とても暖かく感じる1日でした。

本日は、食生活と歯の予防についてお話します。

今までは、正しいブラッシング法やプロフェッショナルケア(PMTC)などによって、虫歯、歯周病の予防に役立っているといったことをお話してきました。

本日は、身近な食生活における歯の予防についてお話します。

皆さんは、飲食をすると口の中がどのように変化するかご存知でしょうか。

通常、口の中は中性(約pH7)に保たれています。

しかし、飲食をすると口の中は酸性にかたむき、虫歯になりやすい環境となります。

ただし、唾液の力により、1時間ほどすると酸性から中性に戻ります。

重要なポイントは、酸性にかたむく時間を短くすることであり、これが虫歯予防につながります。

子供の場合、アイスクリーム、ケーキ、チョコレートなど、甘いものが好きですよね。

このような食べ物を与えないことは、難しいと思います。

仮に、甘いものを食べたとしても、その後、お茶を飲ませるなどして、口の中に食べかすが残らないようにすることが重要です。

1番良い方法は、食べたら歯を磨く習慣を身につけておくことです。

磨くことができない場合は、うがいをすることも効果的です。

また、間食の回数が少なくすることが虫歯の予防につながります。

間食の回数が多いと、口の中が酸性にかたむく時間が長くなり、虫歯になりやすくなります。

今回のポイントは3つです。

1)間食の回数を少なくする
2)甘いものを食べたらお茶を与える(ジュースはNG)
3)食べたら歯を磨く(磨くことができない場合は、うがいをする)

食生活において、以上3つのことを頭の片隅に覚えていただいてもらえると幸いです。

何か気になることがあれば、いつでもご相談ください。

院長 山根

小さな子供のブラッシング指導

2021年1月19日

年も明け、三連休も過ぎましたが皆さんどうお過ごしですか。
コロナウィルスの話題が始まってからもう少しで一年です。

本日は、一歳6ヶ月の子どもが来院されました。
私の顔を見た途端に大声で泣き始めました。
私は特に何もしていないのですが大暴れで、口の中を見ようとするといきなり私の指を噛んでどうしようもありませんでした。

本日は衛生士にブラッシング指導してもらうことにしました。
一人で歯ブラシを持たせているときは気分が良くなり、ガチガチと歯ブラシを噛んでいます。
これでは歯の汚れは取れません。
お母さんにブラッシングの仕方を教えるのですが、子どもは言うとおりにはなかなかいきません。
このような子どもの場合は、当院では三つのことを頭において指導しています。

➀歯磨きは楽しいものだと思わせることだと思います。
時間はかかりますが、話をしながら楽しく歯みがき指導をお母さんと一緒に行うようにしています。

➁たくさん褒めてあげます。
他人に口の中を触られることは子どもにとって嫌なことなので、出来るだけ小さなことでも「よくできたね」と言って褒めるようにしています。

➂無理やり磨かないことです。
子どもの顔色を見ながら、時間をかけてお話しながら磨くようにしています。
なかなか口で言うほど簡単ではありませんが、根気強くお母さんと一緒にブラッシング指導を行っています。
また、歯が生えてきたら歯科医院でフッ素塗布してもらうことも大切な虫歯予防になります。
小さな子どもには根気強く、優しく、歯ブラシの仕方を教えることが必要ですね。
何かありましたらいつでもご相談ください。

院長 山根

新年のご挨拶とコロナウイルス対策

2021年1月5日

明けましておめでとうございます。
今年も患者さんの言葉に耳を傾け、喜んでいただける治療をしていきたいと思います。
当院は1月4日から診療を始めております。

最近コロナウィルス感染者が多数出ております。
当院ではマスク・消毒はもちろんのこと、来院時は検温を行い、患者一人一人に体調についてお聞きし、変わりがないかどうかを確認してから治療を行うようにしています。
また、室内においては空気清浄機を増やし、換気に注意を払っております。

私は年末年始は静かな時間を過ごしました。
なにかと暗い話題が多い昨年でしたが、今年はコロナ感染が落ち着き、安心して楽しい時間を過ごせたらいいなあと思います。
改めて山根歯科医院一同よろしくお願い申し上げます。

院長 山根



診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0857-38-2118へ

診療時間
9:00~12:30
9:00~13:00
14:30~20:00
-
-
-
/
/
/
-
-
-
/
-
/
休診日:日曜日午後・祝日午後・第一水曜日午後・木曜日
★ 変則診療時間:水曜日午後15:00-19:30、土曜日午後14:30-18:00
ご予約・お問い合わせはこちら
山根歯科医院の外観
フッターオファー
© 2021 山根歯科医院